想うことと情景と

同じ景色を見てるはずなのに
気持ちの浮き沈みで
色も見え方もぜんぜん変わる

目に入る感じるものも

高いところから
見下ろして
さまざまな看板や人々に
目が行くときもあれば
未来を考えながら
見るときの地平線や
ビルの陽炎、空。
悲しくて忘れたいときに
見る景色は、
きっと想い出を追う
視線になるのかな。

そんな感情を
写真にして
自分にけじめをつけたりする

コメントする

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *

CAPTCHA